×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手作りチョコレートのレシピを紹介する前に

私は20代前半のパティシエ(男)です。バレンタインデーに手作りチョコを貰う、という事について男の立場から意見を述べさせて頂きます。まず、くれた女の子の事が決定的に嫌いなら話しは別にして、どんな子からチョコレートを貰ってもうれしいものです。・それが手作りという事であれば尚更うれしいです。チョコレートそれ自体よりも、自分のためにチョコレートを作るためにわざわざ時間を割いてくれた、という事がうれしいんです。その子のことを好きでもなんでもなくても、思わず胸がキュンとなってしまう事は確かです。好きになってしまう可能性も結構高いですね。少なくとも市販の商品を貰う時よりも気持ちは傾きます。ですので、本命の男性を振り向かせたいなら手作りをオススメします。逆に言うと、誤解されたくなければ手作りは避けるべき。あえて手作りを贈るなら予防線は張っておくべきかと思いますね・・・。

手作りチョコレートレシピ〜チョコレートマフィン〜

普通のチョコを贈るのも芸がないので、チョコを使ったレシピで簡単なもの、チョコレートマフィンを紹介します。分量は6個分です。薄力粉30gと純ココア5g、ベーキングパウダー小1を合わせて、ふるっておきます。無塩バターは60gは室温に戻します。チョコ60gは湯せんに、オーブンは190度になるよう温めておきます。卵1個、牛乳大1を合わせます。別の器にバターを練ります。クリーム状になったバターにグラニュー糖30gを合わせます。そこに卵と牛乳を混ぜたものをさらに合わせます。そこに湯せんしたチョコを流し込みます。そして薄力粉を入れ、粉が見えなくなる程度まで軽く混ぜます。最後に型に生地を流し、190度のオーブンで15分焼けば出来上がり。簡単でしょ?分量され間違えなければ絶対失敗しません。あと、美味しくするコツはいいチョコを使う事です。あんまり安物は使わない方がいいですね。

手作りチョコレートレシピ〜メルティチョコ〜

バレンタインデーはやっぱりチョコを贈りたい、という娘にはこのレシピをオススメします。用意するものはチョコレート150g、無塩バター大2、インスタントコーヒー小2、無糖練乳70cc。無糖練乳は私は「ネスレミルクメイド」を使っています。さとココアをほんの少々。まずチョコレートを刻んで耐熱容器に入れ、ネスレミルクメイド (無糖練乳)とバターを加えてレンジで1分加熱します。加熱したものにインスタントコーヒーを加え、全体がなめらかになるまでよく混ぜます。扱いやすい固さになるまで冷蔵庫で冷やし、ティースプーン2本を使って一口大にまとめます。最後にココアをまぶして出来上がり。室温に戻すと溶けやすいので気をつけて下さいね。簡単にトリュフチョコもどきを作れちゃいます。材料費もあまりかからないし、オススメですよ〜

Copyright © 2007 バレンタインデーは手作りチョコで☆